環境への取り組み

永柳工業株式会社 > 環境基本方針

環境理念

永柳工業株式会社は、地球環境の保全という人類共通の課題に対処するため、その企業活動において環境の保全と調和に配慮して行動し、次世代に「住みよい環境」「豊かな自然」を残すよう努力する。
 そのために、企業活動のあらゆる現場で、常に「もったいない」ということを意識して行動し、資源の節約や再利用、廃棄物の削減等を通じて地球温暖化防止やCO2削減といった地球環境保全に貢献するよう努力する。

環境基本方針

当社は、上記の「環境理念」を確実にするために、当社の事業であるコルク製品、ゴム製品及びその他の製品の生産販売活動に対し、ISO14001規格に基づく「環境マネジメントシステム(EMS)」を確立し、実施し、維持して行きます。

当社は環境方針として下記を定め、全従業員に理解させ、全従業員の手で実行して行きます。

  1. 本方針に基づき目的を定め、各部門の年度目標を設定し、実施し、その進捗度および達成度について定期的にチェックします。
  2. 目的及び目標に次のことを指定し、全社で取り組むことにします。
    (1)原材料の効率使用・再利用や不良率の低減等による廃棄物の削減
    (2)使用電力やリサイクル、リユースの推進による資源の節約
    (3)環境に配慮した商品や技術の開発による環境負荷の軽減
  3. EMSの文書化と共に、全従業員に、
    (1)本EMSの理解
    (2)環境に対する意識および資質の向上
    (3)資源の節約及び汚染の予防
    に対する実施義務を自覚させるために、従業員の教育・訓練を行い、周知徹底を図ります。また、当社のために働く社外の関係者に対しても同様の啓発活動を行います。
  4. 全従業員は、本マニュアルに定めるEMSに従い行動します。
  5. 環境側面に関する法令・規格要求事項、ならびに当社が同意する要求事項を遵守し、本マニュアルならびに環境規定に基づいてEMS及び環境パフォーマンスの継続的改善に努めます。
  6. 本マネジメントシステムの適切性を持続するために本方針を見直します。また、外部にこれを開示します。
2011年 4月 1日
永 柳 工 業 株 式 会 社
代表取締役社長 丹羽浩之
ページトップへ