製品一覧


コルク

コルクは、地球環境の優等生 コルクの樹

 コルクは、ポルトガルを主産地とする地中海沿岸に成育するブナ科コナラ属のコルク樫の樹皮です。樹齢20年で幹の直径が20cmになり、最初の剥皮を行います。以降9年周期で皮を剥いで加工したものは様々な用途に使用され、樹齢250年位まで伐採することなく収穫が可能です。ちょうど、羊の毛だけを刈ってウールを織るのと同じです。
 コルクの森は南欧の砂漠化を防止し、イベリア山猫のような希少種を含む動植物の生態を支えています。
 木から剥がされたコルクはワイン栓や建材等各種天然製品に利用されるのですが、ナガヤナギでは、その副産物を砕いたコルク粒をポルトガルから輸入し、特殊合成樹脂をバインダーにして成型したり(圧搾コルク)、ゴムと混合したり(ハイカーコルク)して、様々な用途の製品を製造しております。
 また、コルクの森は温暖化防止にも大きく貢献しています。皮剥ぎされたコルク樹は二酸化炭素を通常の3~5倍も吸収します。ポルトガルのコルクの森だけで年480万トン、地中海全域では1,400万トンもの二酸化炭素を吸収すると言われています。

コルクの歴史 コルクの科学

ラインアップ

天然コルク
天然コルク
圧搾コルク
圧搾コルク
シート
シート
コルク粒
コルク粒
 

関連商品

ページトップへ