製品一覧

永柳工業株式会社 > 取扱い製品一覧 > コルクシート・コルク粒の製造販売

コルクシート・コルク粒等のコルク製品

永柳工業のコルク

当社は、1896年(明治29年)に創業し、世界で最も品質が高いポルトガル産のコルクを日本で最初に手掛けたコルクメーカーです。
ワインやウィスキー、焼酎等のコルク栓やコルク粒やコルクシートを使用した工業部品用途を始め、近年では、グッドデザイン賞(中小企業特別賞)やキッズデザイン賞を獲得した当社開発コルクグッズの直販も行っております。
コルク製品は海外製コルクシートやコルクの建材として床材や壁材等が多く流通していますが、当社のコルク製品は輸入品と違って異物が少なく均質であり、その品質は永らくご愛顧いただいているお客様からも高くご評価いただいております。
古参のコルクメーカーとして、1世紀を超す歴史の中で得たお客様からの信頼とそのご要望にお応えするために得た様々なノウハウこそが当社の財産であり、当社独自の製品として強度の高いコルク・柔軟性の高いコルク・着色コルクなど、その時代時代の要求に合わせ様々なバリエーションのコルク製品を開発しています。

(コルク関する基礎知識はコチラからどうぞ)

デザイン賞受賞商品

 

コルクの特長

コルクは小さく分割された空気に満たされた細胞構造で構成されています。
コルクの構造は、1立法センチメートルあたり2,000万~4,000万個の独立した細胞で構成されており、低級脂肪酸を結合材とした細胞質でできています。
そのためコルクは、以下の性質や特長がございます。

コルク栓

弾力性、疎水性

コルクは弾力性に非常に優れた素材ですので、圧縮されてても復元する力がございます。
コルクの構造は重量の約4割がスベリンという物質のため、疎水性に優れています。
そのためワイン栓やシャンパン栓、ウィスキー等のコルクの栓に多く使用されております。

当社コルク栓の特長はこちら(クリックしていただけると内容をご覧いただけます)
  • 当社のコルク栓はコルク粒を圧縮成型した圧搾コルクを主として採用しております。
    ワイン栓等のコルク栓の多くは天然コルクを採用しておりますが、近年では良質な天然コルクの収穫量が減少し、価格が高騰している状況です。
    当社は天然コルクにも劣らない性能を圧搾コルクで再現しております。
  • 当社独自の開発品であるPE成形コルク栓は、コルクにポリエチレンフィルムを被覆し、内容物の接触面にPETフィルムを装着しております。
    PE成型コルク栓は、一般的なコルク栓が抱えているコルクの臭い(ブショネ)、異物、液漏れ、内容液への色付き、栓折れ等といった問題を解消したコルク栓です。
  • 当社オリジナルの木笠や樹脂笠と合わせて焼酎やウィスキー等用の様々な容器に合わせコルク栓を販売しており、コルク栓の選定から液漏れ試験等の技術サービスまで幅広い対応をしております。
    ※お問い合わせは当社クロージャーグループまで

コルク粒

軽量素材、抜群の質感

コルクは1立法センチメートルあたり2,000万~4,000万個の小さな細胞で構成されているため、比重が0.1~0.2と非常に軽い天然素材です。
コルクの軽さを活かし、バトミントンで使用されるシャトルコック等で採用されております。
又、コルクは質感も抜群ですので、お子様にも安全な専用配合でコルクの積木等のコルク玩具等を販売しております。

当社コルク粒の特長はこちら(クリックしていただけると内容をご覧いただけます)
  • 当社では最高品質のポルトガル産のコルク粒を更に選別しています。
    輸入されたコルク粒は粒度も不均等で中には不純物等が混ざっている場合があります。
    日本国内工場の独自設備で異物を除去し、良質なコルク粒を選別し、粒度も均一に揃えています。
    輸入されたコルク粒の水分含有量、比重確認、粒度分布、異物確認等を徹底した品質管理する事で良質なコルク粒の選別を実現しております。
  • 粉末状のコルク粒(コルクパウダー)から約10mmサイズのコルク粒まで幅広いコルク粒を選別し、製品化をしております。
  • コルク粒は、樹脂やゴムとブレンドするブレーキ材や離型剤用途等、幅広い用途でご採用いただいており、コルク粒を使用した新素材開発もお手伝いさせていただきます。
  • 小粒のコルク粒から大粒のコルク粒まで取り扱えるのは、コルクメーカーの当社だからこそです。

コルク粒商品一覧

コルクシート

断熱性、高い摩擦係数

熱伝導率が低い素材ですので、非常に優れた断熱効果を発揮します。
コルクの断熱性は、コースターや鍋敷き等のキッチン用品をはじめ、コルクタイルやコルクマット等の床材、安全靴の靴底やロケットの内装材等幅広い分野で活かされています。
又、コルクは摩擦係数が高い(滑りづらい)素材ですので、OA機器の分離材やクラッチ材として使用されております。
(コルクシートの詳しい工程はコチラからどうぞ)

当社コルクシートの特長はこちら(クリックしていただけると内容をご覧いただけます)
  • コルクボード(掲示板)やコースターなどでもお馴染みのコルク粒を圧縮して固めたコルクシートは当社の主軸製品です。
    コルクボードのようなコルクシートは勿論のこと、長年培われてきたノウハウに基いて、コルクシートの厚材、コルクの切削や接着等の加工にも対応させていただいております。
    また当社では、他では類のない立体構造の成型コルクも実現いたしました。
  • 当社のコルクシートは選別した小さな粒のコルクシートから大きな粒のコルクシートまで幅広くラインアップしております。
    サイズは600mm×900mmとなり、厚みは0.8mm~150mmまでの製作が可能です。
  • 当社のコルクシートは長年培われてきたノウハウに基いて、強度が高いコルクシート、柔らかいコルクシート、硬いコルクシート、色付きのコルクシート等、様々なコルクシートの製作を実現しております。
  • 当社はコルクシートのバインダーとなる接着剤も環境対応品等吟味した配合で製造をしているため、品質に自信がございます。
    海外製のコルクシートと一番異なる箇所はシートの表面処理である研磨作業(紙やすり等で擦る作業)の仕上げ工程がないことです。
    当社のコルクシートは研磨工程がありませんので、コルクシートの表面にもコルク屑がつくことなく、綺麗に仕上がります。

コルクシート商品一覧

コルクの成型品

防音性、耐候性

コルクは多孔質細胞の構造のため、振動や音を吸収してくれる特長がございます。
コルクの防音性や防振性を活かして、床材や壁材に多く使用され、重機車輛の吸音材等にも採用されています。
又、コルクは耐候性に非常に優れた素材ですので、屋外で長期的にわたってシーリングされるガスケット材としても長年ご採用いただいております。

その他当社コルク製品の特長はこちら(クリックしていただけると内容をご覧いただけます)
  • 100年以上培われてきたノウハウにより、コルクの接着加工や切削加工は勿論の事、金型成型品の製作が可能になりました。
  • ハイカーコルク(ラバーコルク)は、コルクシートとは異なり、コルク粒(コルクパウダー)を固めるバインダーに合成ゴムを用いることで、コルクの特徴とゴムの特徴を併せ持ったハイブリッド製品です。
    ハイカーコルク(ラバーコルク)製のガスケットは耐候性や長期シール性に優れており、ガスメーターや電力設備などで永年の実績があります。

 

コルクのQ&A

ご質問をクリックしていただけると、回答がご覧いただけます。

海外製のコルクシートと日本製のコルクシートの違いは?
  • 生産拠点にもよりますが、大きく分けて2つの違いがあります。
  • まず海外製のコルクシートはスライス工程時に表面が傷ついてしまうため、仕上げ作業に研磨工程(紙やすり等で擦る作業)があるため、コルクシートの表面に研磨後のコルク粉が付着しております。
  • 当社のコルクシートは長年のノウハウと経験値により、研磨工程がなくても品質の良いコルクシートを生産しております。
  • 2つ目はコルクの配合自体が大幅に異なる事です。
  • 海外製コルクの配合は高周波機等で硬化させるため、水分が多く含有します。
  • 水分が多く含有する事でコルクシートを製作した際に反りやカビの発生率が高くなってしまいます。
  • 当社のコルクは常温でも硬化できる配合のため、コルクシートを製作しても反りやカビの発生を最小限に抑えております。
コルクシートの大きさは?
  • 海外製の多くは1Mx数十Mのロールシートになりますが、当社のコルクシートの大きさは600mm×900mmになります。
  • ロール状ではないため、細かい厚みの調整が可能であり、余計な巻きグセがつきません。
  • 当社コルクシートの厚みは0.8mmから150mmまで調整が可能です。
コルクシートと相性の良い接着剤や両面テープは?
  • コルクシートは木材の一種ですので、木工用の接着剤は相性が良いです。
  • 市販されている一般汎用的な両面テープでも十分に接着できます。
コルクシートに印刷はできる?
  • コルクシートへの印刷はシルク印刷を推奨しております。
  • 他印刷方法は実績が乏しいため、事前確認が必要になります。
コルク粒やコルクシート等のサンプルはもらえるの?
  • コルク粒やコルクシートのサンプルの提供は可能です。
  • 詳細を伺った後にご案内させていただきますので、一度ご連絡ください。

関連商品

ページトップへ